看護師

症状や改善方法

肩凝り

脊柱管狭窄症は腰が非常に痛くなるので杖や腰のサポーターなどが必要になります。一度なると再発もしやすくなるので、できるだけ重いものはなるべくもたないように心がけることが大切になってきます。体の中心となりますからより早く改善する用負担を少なくして過ごすことが大切です。

詳細を確認する...

聞こえが悪くなる原因

病院

聴神経腫瘍はほぼ良性ですが、そのままにしておくと大きくなり場合によっては手術が必要になることもあります。手術以外にも薬や放射線を使った治療法もあるので、できるだけ早めに病院に行き診てもらうとよいです。

詳細を確認する...

つらい腰の痛みの改善法

種類と特徴

医者

脊柱管狭窄症の治療法は大きく分けて、保存療法と手術法があり重症の場合を除き保存療法から始めます。保存療法には薬物療法、理学療法、運動療法など患部を直接治療するのではなく病気による症状の緩和を目的としています。薬物療法には痛み止めや筋弛緩剤などを用いますが、内服薬を長期間飲み続けることにより胃腸障害を引き起こす事があります。理学療法には牽引療法、温熱療法、超音波療法や筋肉のマッサージ、体操療法などがあり、腰痛の改善に効果がありますが症状が改善しなかったり悪化する場合がるので注意が必要です。保存療法で改善が見られない場合は手術を選択する事になります、脊柱管狭窄症は手術により直接神経への圧迫を取り除く事は出来ますが、高齢の場合手術自体が負担になるばかりか再発する可能性もあります。

手術による改善法

脊柱管狭窄症が発症し狭くなった脊柱管を広げるための治療は、手術以外方法はありませんが排尿障害などの深刻な症状が出ていない場合は、保存療法を行うべきです。しかし、保存療法で効果が無く痛みがひとかったり、歩行障害がある場合や麻痺が強く日常生活にも支障がある場合などは、手術を選択する事になります。比較的年齢が若く、神経の働きの回復力が期待できる場合は症状が軽いうちに手術をした方がいい場合もあります。脊柱管狭窄症は狭窄している場所の数が比較的少ない場合は、内視鏡による治療を行うこともあり手術時間は一か所あたり1時間程度で患者の体への負担も軽く回復も早くなりますが、狭窄が広範囲であったり複数の腰椎にまたっがていて骨の移植が必要な場合などは通常の手術になります。

耳の神経を脅かす腫瘍

男性

聴神経腫瘍は耳の中のシュワン細胞に出来る良性腫瘍で、聴力の低下やめまいなどを生じさせます。一度切除してしまえば脳や他臓器への転移はほとんどありません。治療法としては今後はガンマナイフでの治療が増えると考えられています。もし疑わしき症状が出た場合は、まず頭部MRIを受けてみるのが良いでしょう。

詳細を確認する...